呉服の鈴屋の黒紋付

黒紋付

黒紋付(喪服)の品質を決定するのはその色、「黒」と言っても過言ではありません。
なぜなら、色とは糸質、製織、下染、上染、そして染色法によってはじめて成り立つものだからです。
「鈴屋別染大黄河」は、市販の大黄河とは異なり、生地に浜ちりめんの中でも最高級地と称される「松寿縮緬」を使用しております。
そして下染には大島紬などに用いられる高い堅牢度を誇る泥下染色を行い、上染には手間のかかる長時間低温染色を施し、さらに高い堅牢度と美しい黒を実現しました。

ただ黒いだけでなく、一生ものに相応しく、高級感と上品さを併せ持つ圧倒的な「黒」です。


「帯は後ろの顔」、特に柄のない喪服の場合は唯一のポイントとなります。しかしながら、一般に流通するものは代わり映えのしない既製品がほとんど...。
鈴屋は西陣へ別注しております。最近ではCGで行われる柄起しも手描きで行い、柄の立体感、奥行きを追求しました。織組織も一般的な黒共帯のほとんどが「繻子(しゅす)織」なのに対し、名物裂や一部の高級帯で見られる「紹巴(しょうは)織」を採用。また箔は、漆や銅の本引箔を贅沢に使用し、紹巴織のマットな地とのコントラストにより柄を一層引き立たせております。
また体形の変化も考慮して、帯全体に柄を配した「全通」で織られております。


入紋

「黒紋付」と呼ばれる以上、紋の美しさには強いこだわりを持ちます。なかなか分かりにくいかもしれませんが、職人によって良し悪しがあります。
鈴屋は多くの紋屋をめぐり、漸くすばらしい紋屋と出会いました。
使用する紋墨も特許を取得した堅牢度が高く、紋泣きがし難い、特殊な紋墨を使用しております。


長襦袢

肌に直接触れる長襦袢。着心地が左右される部分でもあります。素材も正絹のものから化繊のものまで様々です。
鈴屋がご用意いたします長襦袢は、セットでも正絹はもちろんのこと、純国産糸を使用し、目方も一般に流通するものが、480g前後に対して、540~570gとしっかりとした最高級長襦袢地です。