専門店こだわりの振袖、全部見せ♪

既製品と異なり、買っていただいてから加工や仕立てを行う着物。一口に振袖と言っても、その品質や中身、付属する小物はお店によって大きく違いがございます。


とくに最近は、カタログ・パンフレットなど過剰な広告宣伝費と、買い手側の知識不足のため、大切な品質が犠牲になっているものを大変多く見かけます。
例えば振袖では、海外の生地を使ったもの、インクジェット捺染の増加、また仕立ては、ミシン仕立てや手縫いでも海外仕立て、胴裏地は化繊や正絹でも粗悪なもの、長襦袢も既製品や化繊のもの、点数ばかりで品質を無視したセットなど...、中でも最近、袋帯は目に余るものが多く、絹は絹でも「絹紡糸 」を使用し、フィルム箔を使った硬くて短いものが主流にまでなりつつあります。
それを承知の上ならいいのですが...、


鈴屋では「初めてお召しになる方も多い本格呉服だからこそ、本物の良さを感じていただきたい」との思いから、質感や細部まで徹底してこだわります。
裏地・芯などの見えない部分の素材まで吟味、一級和裁技能士による本仕立てを行い。袋帯も高品質な西陣製、また帯締め・帯揚げから腰紐、足袋にいたるまで、付属の小物も一点一点に鈴屋自慢のこだわりが満載です♪


専門店こだわりの振袖、全部見せ♪ 豪華刺繍半衿 日本製帯締め 福助製足袋 金駒刺繍 手挿し友禅 正絹帯芯 京都西陣製袋帯 国産最高級正絹裏地「光帛」使用 国内手縫い本仕立て お誂え正絹長襦袢